AIPOのインストール

概要:オープンソースグループウェア 『アイポ』は、スケジュール管理機能、Webメール機能、ワークフロー機能のほか、ブログ、掲示板機能などを搭載した、無料で利用できるグループウェアである。グループウェアの基本機能であるスケジュール管理やワークフローだけでなく、Webメール、ブログ・SNSなどのグループのコミュニケーション機能を持っている。
現在運用しているシステムにAIPOのインストーラを使用して導入した場合、既存のTomcatの起動停止が出来なくなり、AIPOのアクセスにURLにポート番号を指定する必要がある。従って既存のTomactとPostgreSQL上にAIPOをインストールし、AIPOパッケージのインストーラにより別途インストールされるAIPO専用のTomcatとPostgreSQLをインストールしない。また、Disk容量の節約にもなる。

前提:

1. ユーザーの作成
PostgreSQL導入のDBオーナーユーザーの作成に従って、AIPO用のPostgreSQLのDBオーナーユーザーを作成する。
ユーザーにはDB用のパスワードを設定する。

2. AIPOのインストール

  1. ) ダウンロード
    # cd /tmp/work
    # wget http://jaist.dl.sourceforge.jp/aipo/45984/aipo5020ja_linux.tar.gz
    
    最新は[ http://sourceforge.jp/projects/aipo/releases/ ]で確認する。
  2. ) ファイルの解凍
    # tar zxvf aipo5020ja_linux.tar.gz
    # cd aipo5020ja_linux
    # tar zxvf aipo5020.tar.gz
    # mv aipo /usr/local/
    
  3. ) インストールシェルの置き換え
    /usr/local/aipo/bin/utf8/installer.sh
    を添付のインストールシェルに置き換える。
    file添付インストールシェルの下記をシステムに応じて修正する。各自の責任の元使用してください。
    • postgres_user="xxxxxxxx" ← 上記で作成したAIPO用のユーザー名
    • postgres_admin="postgres" ← PostgreSQLインストール時のユーザー名
    • pass="xxxxxxxx" ← 上記で作成したAIPO用のユーザーのDBパスワード
      このシェルの主な変更点は
    1. PosgreSQL用のユーザーの作成の削除 ← 上記「1. ユーザーの作成」でマニュアルで作成する必要があるため。
    2. コンパイルに必要なパッケージのチェックの削除
      注:readline-develとzlib-develはAIPOの動作には不要。
    3. PostgreSQLとTomcatのポート計算の削除
    4. PostgreSQLのインストールの削除
    5. jreファイル解凍の削除
    6. Tomcatのインストールの削除
    7. tool.jarのインストールの削除 ← 既存のものを使用。
    8. pg_hba.conf書き換えの削除 ← 後でマニュアルで変更するため。
    9. タイムゾーンの設定の削除 ← 既存でCentOS導入時に設定済。
    10. PostgreSQL停止の削除
    11. 環境変数の変更
    12. コピー先ディレクトリーの変更 環境変数とコピー先ディレクトリーは既存の環境に合わせて変更した。
  4. ) AIPOのインストール
    # cd /usr/local/aipo/bin
    # sh installer.sh
    注:sh ./installer.shのように「./」を付けたりして実行しない。
    注:db初期化でaipo_db_sql.dumpの13、3730、3731、3732、3733行目で以下のようなERRORとWARNING
    が出るがどれもスキーマpublicに対する処理で、変更内容が既存の値と同じ値なので問題ない。
    psql:/usr/local/aipo/backup/postgresql/sample_dump/aipo_db_sql.dump:13: ERROR:  must be ow
    ner of schema public
    psql:/usr/local/aipo/backup/postgresql/sample_dump/aipo_db_sql.dump:3730: WARNING:  no pri
    vileges could be revoked
    psql:/usr/local/aipo/backup/postgresql/sample_dump/aipo_db_sql.dump:3731: WARNING:  no pri
    vileges could be revoked
    psql:/usr/local/aipo/backup/postgresql/sample_dump/aipo_db_sql.dump:3732: WARNING:  no pri
    vileges were granted
    psql:/usr/local/aipo/backup/postgresql/sample_dump/aipo_db_sql.dump:3733: WARNING:  no pri
    vileges were granted
    
    注:/usr/local/aipo/binの下に作成される startup.sh、shutdown.shは使えない。PostgreSQLおよびTomcatの起動・停止は既存の方法で行う。

3. PostgreSQLの設定
TomcatからJDBCを使用してAIPO用のユーザーでパスワードを使用してログインできるようにpg_hba.confを編集する。

# vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
# TYPE  DATABASE    USER        CIDR-ADDRESS          METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all         all                               ident sameuser
# IPv4 local connections:
host    org001      AIPOユーザー名 127.0.0.1/32       password crypt ← ここに追加
host    all         all         127.0.0.1/32          ident sameuser
# IPv6 local connections:
host    all         all         ::1/128               ident sameuser
# /etc/init.d/postgresql reload ← PostgreSQLの設定を読み直す。

4. proxy_ajp.confの設定
URLにポート番号8080を指定せずにAIPOにアクセスするためにproxy_ajp.confを編集する。ApacheとTomcatの連携参照。

# vi /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf ← proxy_ajp.conf編集

以下を最終行へ追加する。

ProxyPass /aipo/ ajp://localhost:8009/aipo/
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart ← Apache再起動
httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [  OK  ]

5. Tomcatの設定
Tomcatの起動時にcatalina.shで読み込まれるfile環境設定シェルを作成する。

# vi /usr/local/tomcat/bin/setenv.sh
#!/bin/sh
# -----------------------------------------------------------------------------
# Setting Environment for CATALINA Server
#
# $Id: setenv.sh 2010-04-29 21:06:00 K.Yamasaki $
# -----------------------------------------------------------------------------
# -server : Run as Server VM
# -Xmx : Max memory
# -Xms : Initial Memory
# -Xss : Thread stack size
# -Djava.awt.headless=true : Servlet processes image data

CATALINA_OPTS="-server -Xmx256M -Xms64M -Xss256k -Djava.awt.headless=true"
# chmod +x setenv.sh
# /etc/rc.d/init.d/tomcat restart ← Tomcat再起動

6. シェルスクリプトの修正
/usr/local/aipo/binの下に作成されるDBバックアップ・リストア用のbackup_handler.sh、restore_handler.shのシェルを修正する。

7. 不要ファイルの削除

# rm -f /tmp/work/aipo5020ja_linux.tar.gz
# rm -rf /tmp/work/aipo5020ja_linux
# rm -rf /usr/local/aipo/src

8. アンインストール
ここでは、上記方法でインストールした場合のアンインストールについて説明する。内容は上記の作業及びインストールシェルが行っていることを元に戻すことである。

  1. ) DBのDrop
    # su - ユーザー名
    $ dropdb org001
    
  2. ) AIPO用ユーザーのDB及びシステムからの削除
    # su - postgres
    $ psql
    postgres=# dropuser ユーザー名
    postgres=# \q
    $ su -
    # userdel  ユーザー名
    
  3. ) インストールディレクトリーからAIPOの削除。
    # rm -rf /user/local/aipo
    
  4. ) Apacheの設定を戻す
    # vi proxy_ajp.conf ← 編集。
    
    ProxyPass /aipo/ ajp://localhost:8009/aipo/ ← 削除する。
    # /etc/rc.d/init.d/httpd restart ← Apache再起動
    
  5. ) PostgreSQLの設定を戻す
    # vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf ← pg_hba.confを編集。
    
    host    org001      AIPOユーザー名 127.0.0.1/32       password crypt ← 削除。
    # /etc/rc.d/init.d/postgresql reload ← PostgreSQLの設定の再読込み。
    
  6. ) TomcatのディレクトリーからAIPOの削除
    # rm -rf /usr/local/tomcat/webapps/aipo
    
  7. ) Tomcatのライブラリーからの削除
    # rm /usr/local/tomcat/common/lib/postgresql-8.1-407.jdbc3.jar
    
  8. ) Tomcatの設定を戻す
    # rm /usr/local/tomcat/bin/setenv.sh ← setenv.shを削除する。
    # vi /usr/local/tomcat/conf/server.xml ← 編集。
    
    <!--Listener className="org.apache.catalina.core.AprLifecycleListener" /-->
       ← コメントアウトを外す。
    <Listener className="org.apache.catalina.core.AprLifecycleListener" />
    
    # vi /usr/local/tomcat/conf/catalina.properties ← 編集。
    
    最終行のuser.timezone=Asia/Tokyoを削除する。
    # /etc/rc.d/init.d/tomcat restart ← Tomcat再起動
    

添付ファイル: fileinstaller.sh 1092件 [詳細] filesetenv.sh 1068件 [詳細]

最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-11 (火) 01:59:57 (1841d)