MySQL用GUI設定ツール導入(phpMyAdmin)

概要: 概要:phpMyAdminを導入して、MySQLの操作をWebブラウザ上から行なえるようにする。
前提:

1. phpMyAdminインストール
http://www.phpmyadmin.net/home_page/downloads.phpから phpMyAdmin-2.11.10-all-languages.tar.gzをダウンロードし、/tmp/workに保存する。
注: phpMyAdmin 3.XはPHP5.2、MySQL5用で、ここではPHP5.1なので「PHP5.2 Required.」エラーとなる。

# cd /tmp/work
# tar zxvf phpMyAdmin-2.11.10-all-languages.tar.gz
# cp -pR ./phpMyAdmin-2.11.10-all-languages /var/www/phpmyadmin
  ← ダウンロードしたphpMyAdminを所定の場所へコピー。

2. php-mysqlインストール
phpMyAdminはPHPで動作するため、PHPからMySQLデータベースへアクセスするためのパッケージであるphp-mysqlをインストールする。

# rpm -q php-mysql ← php-mysqlインストール確認
パッケージ php-mysql はインストールされていません。
# yum -y install php-mysql ← php-mysqlインストール。注:インストールされていない場合のみ
==========================================================================================
 Package             Arch           Version                       Repository         Size
==========================================================================================
Installing:
 php-mysql           i386           5.1.6-24.el5_4.5              updates            85 k
Installing for dependencies:
 php-pdo             i386           5.1.6-24.el5_4.5              updates            64 k

Transaction Summary
==========================================================================================
Install      2 Package(s)
Update       0 Package(s)
Remove       0 Package(s)

3. phpMyAdmin設定

  1. ) mkpasswdコマンドインストール
    ランダムなパスワードを生成するmkpasswdコマンドを含むexpectパッケージをインストールする。
    # yum -y install expect
    
  2. ) phpMyAdmin設定
    # cp /var/www/phpmyadmin/config.sample.inc.php /var/www/phpmyadmin/config.inc.php
     ← サンプル設定ファイルをコピー
    # chmod 660 /var/www/phpmyadmin/config.inc.php ← 設定ファイルのパーミッションを変更
    # mkpasswd -l 46 ← mkpasswdコマンドでランダムな46桁の文字列を取得
    ojwelolk6gmsswpgqosameeBmtxswelzamM4wdfcfolbz>
    rouvz[hedwjuVelDp8ooqlajpocrrfjrrjhqjp7ypcakjw
      ← ランダムな46桁の文字列※設定ファイル編集で使用する
    # vi /var/www/phpmyadmin/config.inc.php ← 設定ファイル編集
    
    $cfg['blowfish_secret'] = 'ojwelolk6gmsswpgqosameeBmtxswelzamM4wdfcfolbz>';
      ← mkpasswdコマンドで取得したランダムな46桁の文字列を指定
    ※上記はログイン時のパスワード暗号化の際に内部的に利用されるパスフレーズであり、
     ユーザに入力要求されるものではない
    
    $cfg['Servers'][$i]['auth_type']     = 'cookie'; ← 認証モードを「クッキー」にする
    
    $cfg['Lang']     = 'ja-utf-8'; ← 追加(日本語化)
    /*
     * End of servers configuration
     */
    
    # chown -R root.apache /var/www/phpmyadmin/ ← phpMyAdminの所有者を変更※重要
    
  3. ) Apache設定
    # vi /etc/httpd/conf.d/phpmyadmin.conf ← phpMyAdmin用Apache設定ファイル作成
    
    Alias /phpmyadmin /var/www/phpmyadmin
    
    以下は内部からのみアクセスできるようにする場合のみ指定する
    <Location /phpmyadmin>
        Order deny,allow
        Deny from all
        Allow from 127.0.0.1
        Allow from 192.168.1 ← 内部ネットワークアドレスを指定
    </Location>
    
    # /etc/rc.d/init.d/httpd reload ← Apache設定反映
    httpd を再読み込み中:                                      [  OK  ]
    

4. phpMyAdmin確認

  1. ) http://サーバー名/phpmyadmin/へアクセスして、phpMyAdminのログイン画面が表示されること。
  2. ) MySQLに登録されているアカウントでログインできること。
    注:Webブラウザのクッキー機能を有効にしておくこと。

最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-11 (火) 01:59:57 (1961d)