概要:LinuxサーバーにWindowsクライアントからリモートアクセスして操作するために、Tera Termをクライアントに導入します。
前提:

  • ネットワーク上でTCP/IPの22番ポートが開いていること。(サーバー、クライアント、ルーターなどのファイヤーウォールやセキュリティー設定でOPENされていること。当然VPS側は開いています。)

1. Tera Termインストール
PC上にTera Termをダウンロード[http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/releases/]し、PCにインストールします。

2. Tera Termの設定

  1. ) Connectionの設定
    ここではセキュリティー設定が未だなのでSSH2でログインしますが、rootではログインできない設定になっているので、ホスティング会社から連絡された別のユーザーとパスワードでログインします。
    Tera Termの起動しNew connection画面にTCP/IPアドレスを入力してSSH2を選択して「OK」をクリックします。
    ユーザー名とパスワードを入力して「OK」をクリックします。

centos/TeraTerm-1.jpg

 

centos/TeraTerm-2.jpg

これでログインできればOKです。
次に、rootでログインできるか確認しておきます。su - でユーザーをスイッチして、ホスティング会社から連絡されたパスワードでログインします。rootにsuできればOKです。

  1. ) Terminalの設定
    メニューバーの「Setup」→「Terminal」をクリックします。
    Kanji(receive)とKanji(transmit)にUTF-8を設定する。
    centos/TeraTerm-3.jpg
  2. ) Windowの設定
    メニューバーの「Setup」→「Window」をクリックします。
    Scroll bufferの値を大きくします。(例:10000)
    ColorのTextとBackgroundのRBGのバーを動かして画面の色を好みにより変更します。
    (例:「Reverse」をクリックし文字を「白」に背景を「黒」にします。)
    centos/TeraTerm-4.jpg
     
    centos/TeraTerm-5.jpg
  3. ) 設定の保存
    メニューバーの「Setup」→「Save Setup」をクリックします。

最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-11 (火) 02:00:03 (1774d)