PukiWiki改造 その2 (管理者機能)
 

概要:HPの公開用としてログインした管理者のみがページの追加・編集・削除を出来るようにします。
pukiwiki.ini.phpの$edit_auth = 1の設定と併用してよりセキュリティーを高めます。
また、後ページにあるように管理者用の機能を追加する時や管理者用のボタン表示をする時に利用します。
このページに「編集」、「一括凍結」「差分」などボタンが表示されていませんが、管理者としてログインするとこれらのボタンが表示されています。

  • 管理者用のログイン画面を表示し、ログインします。
  • ログインのステータスをセッションに保存します。
  • ログイン出来た場合のみ、追加・編集・削除などの操作が出来るようにします。
  • ログインできるクライアントをIPアドレスで限定し、ユーザーIDとパスワードをIPアドレス毎に設定することもできます。
  • IPアドレスが固定で無い場合は、IPアドレスの限定なしでユーザーIDとパスワードでログインできるようにも設定できます。
  • 各プラグインに変更を加えるので共通関数を作成します。
    注:ここではセキュリティー上あまりプラグインの内容の詳細を記述していません。

1. ログイン画面の表示
Basic HTTP認証を使用してログインします。
header関数と$_SERVER変数を使用。
ログイン画面を表示後exitし、再度プラグインを開始することが必要です。この処理の流れが分かるまで時間がかかりました。

2. Logを作成する関数の作成
ログインなどを記録するための関数をdate関数とerror_log関数を使用して作成しました。

3. セッション処理をする関数(クラス)の作成
session_start、session_id、session_destroy関数と$_SESSION変数を使用して作成しました。
ここはセッションについて幾つかの処理があるのでクラスとしてまとめました。

上記3つの関数を共通ライブラリーとしてexpan.phpにまとめました。
また、今後共通関数の追加が必要な場合はexpan.phpを修正することとし、既存のライブラリーへの変更を少なくします。
fileexpan.php

4. 管理者ログインプラグインの作成
上記関数を使用して、ログインしてセッションにログイン状態を保存するプラグインを作成します。
パスワードのチェックは既存のpkwk_hash_compute関数を利用します。
ログイン方法が他人に分からないようにプラグイン名は添付のソースのファイル名とプラグイン名のxxxxxを適当に修正して下さい。
ソースファイルを/var/www/pukiwiki/pluginディレクトリーに保存して下さい。
使用方法は http://サーバー名/pukiwiki/?plugin=xxxxx ← xxxxxは修正後のプラグイン名
filexxxxx.inc.php

5. 処理停止関数の作成
ログインしているか判断し、ログインしていない場合に処理を停止をする処理を各プラグインに入れると手間がかかるし、Pukiwikiのバージョンアップも困難になるので、plugin.phpを修正して、プラグインロード時にログインしているかどうか判断するようにします。
プラグインのaction用とconvert用にそれぞれcheck_plugin_action関数とcheck_plugin_convert関数を用意しました。
この関数をexpan.phpに入れます。
メンテナンスし易いように、処理を停止するプラグインのリストを別ファイルとして設定できるようにしました。このリストに無い場合はOK(FALSEでreturn)とします。
処理停止の要否で問題があった場合、ソースの修正せずに大半はこの設定ファイルの修正で対応できます。

  • リストのフォーマット
    プラグイン名:フラグ
    フラグの値説明
    0TRUEでreturnする。プラグインの処理をSKIPするために使用
    1die_message('Not Login')を実行し停止
  • 処理停止関数リストファイルの保存場所
    後記expan.phpの中に記述されているようにprohibit_action.lstとprohibit_convert.lstをpluginディレクトリー下に保存する。
    fileprohibit_action.lst fileprohibit_convert.lst

6. plugin.phpの修正
プラグインをロードするcall_user_func関数の前後をそれぞれの処理停止関数check_plugin_actionとcheck_plugin_convertで以下のように囲みます。

            :
            :
function do_plugin_action($name)
{
            :
    if ( check_plugin_action( $name ) == FALSE ) {   // K1 ← 追加する
        $retvar = call_user_func('plugin_' . $name . '_action');
    }   // K1 ← 追加する
            :
            :
function do_plugin_convert($name, $args = '')
{
            :
    if ( check_plugin_convert( $name ) == FALSE ) {   // K1 ← 追加する
        $_digest = $digest;
        $retvar  = call_user_func_array('plugin_' . $name . '_convert', $aryargs);
        $digest  = $_digest; // Revert
    }   // K1 ← 追加する
            :
            :

注:plugin.phpをバージョンアップした時に、上書きされた場合同様の修正をすること。
fileplugin.php

7. 各プラグインの修正

  1. ) plugin.phpの修正では対応できなくて各プラグインにチェック処理を入れる場合は、例えばPKWK_READONLYの判断の後に以下ように処理を入れて下さい。
            :
            :
        if (PKWK_READONLY) die_message('PKWK_READONLY prohibits editing');
        $obj = new expan_session();          ← 追加する
        if (!$obj->check()) die_message('Not Login'); ← 追加する
            :
            :
    
  2. ) attach.inc.phpの修正
    attachプラグインはpcmdパラメータにより処理が分かれていて、その処理別に管理者だけが操作できるように制限する必要があるので、以下のような処理を追加しました。
            :
            :
        case 'unfreeze':
            if (PKWK_READONLY) die_message('PKWK_READONLY prohibits editing');
        }
    // K1 ↓        ← 追加の開始
        switch ($pcmd) {
        case 'delete':     ↓以下管理者だけに許可する処理を列挙する
        case 'info':
        case 'unfreeze':
        case 'rename':
        case 'upload':
            $obj = new expan_session();
            if (!$obj->check()) {
                die_message('Not Login');
            }
        }
    // K1 ↑        ← 追加の終了
        switch ($pcmd) {
        case 'info'     : return attach_info();
            :
            :
    
    注:attach.inc.phpをバージョンアップした時に、上書きされた場合同様の修正をすること。
    fileattach.inc.php

8. 設定

  1. ) pukiwiki.phpの修正
    pukiwiki起動時にexpan.phpをロードするようにpukiwiki.phpを修正します。
    # vi /var/www/pukiwiki/lib/pukiwiki.php
    
            :
            :
    if ($trackback || $referer) {
            // Referer functionality uses trackback functions
            // without functional reason now
            require(LIB_DIR . 'trackback.php'); // TrackBack
    }
    
    require(LIB_DIR . 'expan.php'); ← 追加する
    
    
    /////////////////////////////////////////////////
    // Main
    
    $retvars = array();
            :
            :
    
  2. ) pukiwiki.ini.php中のユーザー設定
    pukiwiki.ini.phpの中に設定されているユーザー名とパスワードを設定してください。
            :
    // User definition
    $auth_users = array(
    	// Username => password
    	'foo'	=> 'foo_passwd', // Cleartext
    	'bar'	=> '{x-php-md5}f53ae779077e987718cc285b14dfbe86', // PHP md5() 'bar_passwd'
    	'hoge'	=> '{SMD5}OzJo/boHwM4q5R+g7LCOx2xGMkFKRVEx',      // LDAP SMD5 'hoge_passwd'
    );
            :
    
  3. ) expan.php中のglobal変数の修正
    expan.phpの初めの部分に記述してある以下のglobal変数をシステムの構成に応じて修正してください。 管理者のIPアドレスを制限する場合は、expan.phpの$auth_ipsにIPアドレスとユーザー名を以下のように設定します。ユーザー名はpukiwiki.ini.phpで設定したユーザー名と一致させてください。
    # vi /var/www/pukiwiki/lib/expan.php
    
            :
    $auth_ips = array( ← クライアントのIPアドレスとユーザー名の設定
    //      IP Address     => Username
           '192.168.1.100' => 'foo',
           '192.168.1.101' => 'bar'
    );
    $log_file = '/var/log/httpd/pukiwiki.log'; ← ログファイル名の設定
    $login_status = 'yyyyyyyy'; ← ログインの認証IDyyyyyyyyを適当に設定する
    $action_filename = 'plugin/prohibit_action.lst';
    $convert_filename = 'plugin/prohibit_convert.lst';
            :
    
    複数のPukiwikiを導入した時に上記$login_statusの値が同じだと、1つにログインすると他のPukiwikiも管理者として操作できてしまうので、別々に管理が必要な場合は、各Pukiwikiでこの値を変えて下さい。
    上記の場合IPアドレスが'192.168.1.100'でユーザー名がfooとIPアドレスが'192.168.1.101'でユーザー名がbarでパスワードが正しい場合のみログイン可能です。
  4. ) ログファイル用ディレクトリーの作成
    ログファイル用のディレクトリーを作成し、apacheにwrite権限を与えます。
    例:上記の$log_fileのディレクトリーを/var/log/pukiwikiに変更した場合
    # mkdir /var/log/pukiwiki
    # chown apache. /var/log/pukiwiki
    
    注:デフォルトは/var/log/httpdになっていて権限がapacheになっているのでこの操作は不要です。
  5. ) 確認テスト
    • ログインしないでブラウザーから http://サーバー名/pukiwiki/?cmd=edit&page=FrontPage にアクセスしてエラーメッセージ
       
       Runtime error
       
      Error message : Not Login
       
      が表示されFrontPageが編集できなければ制限はOKです。
    • http://サーバー名/pukiwiki/?plugin=xxxxx にアクセスしてログイン出来、ページの更新ができればOKです。
      注:xxxxxは変更したPlugin名。

添付ファイル: fileattach.inc.php 1454件 [詳細] filexxxxx.inc.php 1468件 [詳細] fileprohibit_convert.lst 1444件 [詳細] fileplugin.php 1436件 [詳細] fileexpan.php 1471件 [詳細] fileprohibit_action.lst 1435件 [詳細]

最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-15 (月) 17:51:56 (1554d)