PukiWiki改造 その7 (tile)
 

概要:

追加機能(PLUGIN)です。

1.タイル(Tile)

画像等をタイル状に表示します。
filetile.inc.php

種別

マルチライン型プラグイン

書式

#tile(引数){{
ブロック要素
}};

概要

ブロック要素の各行をタイル状に表示します。

引数
名称指定方法デフォルト説明
列数数値75タイル(テーブル)の列数を正整数で指定します。
背景色background:色background:green背景色を指定します。
ボーダー幅borderwidth:数値borderwidth:3なしテーブルの枠の幅を指定します。
ボーダー色bordercolor:色bordercolor:#00ccffテーブルの枠の色を指定します。
シャッフルshuffleshuffleなし表示順番をシャッフルする場合指定します。
ブロック要素

タイル状に表示する各セルの内容を1行づつ列挙します。複数行にわたる内容は正常に表示されません。

使用方法

#tile(列数,background:色,borderwidth:数値,bordercolor:色,shuffle){{
文字列1
文字列2
文字列3
}};

処理内容

引数の列数のテーブルを作成し、文字列の各行を順番またはランダムにテーブルの各セルに配置します。

備考

引数に順番はありません。同じ種類の引数がある場合は最後の引数が優先されます。

使用例1
以下のように何も指定しないで、表示項目を列挙した場合です。
#tile(){{  
&size(80){&color(red){Tile};};       <- 文字を修飾
&imgfolder(ship1.jpg){};             <- 画像の表示
&imgfolder(ship2.jpg){};
Tileプラグイン            <- 文字をそのまま表示
&imgfolder(compas.jpg){};
&htmlinsert(GoogleAds);         <- htmlinsertプラグインでGoogleAdsを表示
&imgfolder(ship1.jpg,80%){};         <- 画像を縮小して表示
&size(40){&color(#008080){a羅針盤};};
''acompass.net''             <- 文字を強調して表示
&size(30){&color(#993366){CentOS6};};
}}

Tile

ship1.jpg

ship2.jpg

Tileプラグイン

compas.jpg

ship1.jpg

a羅針盤

acompass.net

CentOS6

使用例2
上記の表示項目で、各引数を以下のように設定した場合です。shuffleを指定しているので、ページを表示するたびに表示順序が変わります。
#tile(4,shuffle,border:5,background:green,bordercolor:#00ccff){{

ship2.jpg

ship1.jpg

Tileプラグイン

Tile

CentOS6

acompass.net

a羅針盤

ship1.jpg

compas.jpg

 

添付ファイル: filetile.inc.php 1533件 [詳細]

最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-14 (水) 23:01:37 (1708d)