1.Excelの色の設定

Excel2003以前のバージョンでは文字や背景などの色はカラーパレットに登録されている色しか使えません。図形などは、書式設定の色の設定でRGBで設定できます。 色の指定は次のように各オブジェクトのColorIndexまたはColorプロパティーで設定します。但し、Excel2003以前のバージョンではColorプロパティーでRGBなどで設定した場合でも、カラーパレットに登録されている色の中の近い色になります。 カラーパレットに登録されている色は変更できますが、アプリケーションの共通化の点であまりお勧めしません。

    Cells(1, 1).Interior.ColorIndex = 3
    Cells(1, 1).Font.ColorIndex = 50
    Cells(1, 2).Interior.Color = RGB(255, 0, 0)
    Cells(1, 2).Font.Color = RGB(51, 153, 102)
    Cells(1, 3).Interior.Color = &H0000FF
    Cells(1, 3).Font.Color = &H669933
    Cells(1, 3).Interior.ColorIndex = xlNone      '設定をリセットする場合
    Cells(1, 3).Font.ColorIndex = xlNone          '設定をリセットする場合

2.VB定数

VBAで定数として定義されている色はVBのヘルプに記述されています。以下の順で開いて下さい。
ヘルプ → Microsoft Visual Basic のヘルプ → Visual Basic ランゲージリファレンス → 定数 → 色の定数

定数内容
vbBlack0x0
vbRed0xFF
vbGreen0xFF00
vbYellow0xFFFF
vbBlue0xFF0000
vbMagenta0xFF00FFマゼンタ
vbCyan0xFFFF00シアン
vbWhite0xFFFFFF

その他色に関連した定数

定数Hex値内容
xlColorIndexNone-4142&HFFFFEFD2ColorIndexの設定リセット
xlNone-4142&HFFFFEFD2xlColorIndexNoneと同じ
xlColorIndexAutomatic-4105&HFFFFEFF7自動設定(色の設定をExcelに任せる)
xlAutomatic-4105&HFFFFEFF7xlColorIndexAutomaticと同じ
xlOpaque3塗りつぶし
xlTransparent2透明
xlBackgroundOpaque3背景塗りつぶし
xlBackgroundTransparent2背景透明

3.カラーパレット一覧

オリジナルのカラーパレットに登録されているColorIndexとプロパティ値の一覧です。(Excel2003以前。Excel200以降では微妙に異なります。)

Black
1
&H000000
0,0,0
Brown
53
&H003399
153,51,0
Olive Green
52
&H003333
51,51,0
Dark Green
51
&H003300
0,51,0
Dark Teal
49
&H663300
0,51,102
Dark Blue
11
&H800000
0,0,128
Indigo
55
&H993333
51,51,153
Gray-80%
56
&H333333
51,51,51
Dark Red
9
&H000080
128,0,0
Orange
46
&H0066FF
255,102,0
Dark Yellow
12
&H008080
128,128,0
Green
10
&H008000
0,128,0
Teal
14
&H808000
0,128,128
Blue
5
&HFF0000
0,0,255
Blue-Gray
47
&H996666
102,102,153
Gray-50%
16
&H808080
128,128,128
Red
3
&H0000FF
255,0,0
Light Orange
45
&H0099FF
255,153,0
Lime
43
&H00CC99
153,204,0
Sea Green
50
&H669933
51,153,102
Aqua
42
&HCCCC33
51,204,204
Light Blue
41
&HFF6633
51,102,255
Violet
13
&H800080
128,0,128
Gray-40%
48
&H969696
150,150,150
Pink
7
&HFF00FF
255,0,255
Gold
44
&H00CCFF
255,204,0
Yellow
6
&H00FFFF
255,255,0
Bright Green
4
&H00FF00
0,255,0
Turquoise
8
&HFFFF00
0,255,255
Sky Blue
33
&HFFCC00
0,204,255
Plum
54
&H663399
153,51,102
Gray-25%
15
&HC0C0C0
192,192,192
Rose
38
&HCC99FF
255,153,204
Tan
40
&H99CCFF
255,204,153
Light Yellow
36
&H99FFFF
255,255,153
Light Green
35
&HCCFFCC
204,255,204
Light Turquoise
34
&HFFFFCC
204,255,255
Pale Blue
37
&HFFCC99
153,204,255
Lavender
39
&HFF99CC
204,153,255
White
2
&HFFFFFF
255,255,255

Periwinkle
17
&HFF9999
153,153,255
Plum+
18
&H663399
153,51,102
Ivory
19
&HCCFFFF
255,255,204
Lite Turquoise
20
&HFFFFCC
204,255,255
Dark Purple
21
&H660066
102,0,102
Coral
22
&H8080FF
255,128,128
Ocean Blue
23
&HCC6600
0,102,204
Ice Blue
24
&HFFCCCC
204,204,255
Dark Blue+
25
&H800000
0,0,128
Pink+
26
&HFF00FF
255,0,255
Yellow+
27
&H00FFFF
255,255,0
Turquoise+
28
&HFFFF00
0,255,255
Violet+
29
&H800080
128,0,128
Dark Red+
30
&H000080
128,0,0
Teal+
31
&H808000
0,128,128
Blue+
32
&HFF0000
0,0,255

カラーパレットの色をワークシートに表示するサンプルマクロです。

Sub Example301()
    Dim i As Integer, j As Integer
    
    For i = 1 To 8
        For j = 1 To 7
            Cells(i, j).Interior.ColorIndex = (i - 1) * 7 + j
            Cells(i, j).Value = (i - 1) * 7 + j
        Next j
    Next i

End Sub

4.カラーパレットに登録されている色の変更方法

  1. ) Excelのメニューバーから「ツール」 → 「オプション」を選択します。 excel/ExcelPalleteCopy1.jpg
  2. ) オプションダイアログの「色」のタブを選択します。 excel/ExcelPalleteCopy2.jpg
  3. ) 変更する色を選択して、「変更」をクリックして色の設定ダイアログを表示させます。 excel/ExcelPalleteUpdate.jpg
  4. ) 色を設定し、「OK」をクリックします。
  5. ) 設定を元に戻す場合は、「色」のタブの「リセット」をクリックします。 マクロで設定する場合は、次のようにします。
        ThisWorkbook.Colors(1) = RGB(255, 255, 255)   '← 1はインデックスです。
    

5.カラーパレットのコピー

  1. ) Book1からBook2にコピーする場合、Book1とBook2のファイルを開きます。
  2. ) Book2のメニューバーから「ツール」 → 「オプション」を選択します。
    (前節と同様。)
  3. ) オプションダイアログの「色」のタブを選択します。
    (前節と同様。)
  4. ) コピー元ファイル名のドロップダウンリストを表示します。 excel/ExcelPalleteCopy3.jpg
  5. ) Book1を選択し、「OK」をクリックして完了します。 excel/ExcelPalleteCopy4.jpg

最終更新のRSS
Last-modified: 2015-08-30 (日) 20:54:57 (1053d)